プロが答えるよくある質問

外壁塗装にポリマーを活用する際のポイントとは?

Pocket

外壁塗装を行う事で住宅保護効果が高められます。
新築時からの外壁は、年月の経過の中で太陽光線や紫外線、あるいは雨水の影響によって少しづつダメージを受けているものですから、ある程度の年数が経過しているのならばリフォームとして外壁塗装をするのが良いのです。
なお、外壁塗装ではポリマー塗装という名称を見たり聞いたりすることがありますが、ポリマーというのは、複数のモノマーが重合することによってできた化合物のことを意味しています。
モノマーというのは単量体です。
モノマーが重合するというのは、結合して鎖状あるいは網状になることを意味しています。
ポリマー塗装は外壁の下地として塗装される要素が強いので、その上から住宅外観を美しく仕上げる塗料を手塗りしていく、というのが通例と言えます。
このことから外壁塗装というのは、シンプルに塗装を施工するというのではなくて、下地塗装と表面塗装という二つの施工として把握するのが良いと言えます。
外壁材に大して塗装する下地塗装と、下地塗装した上に重ねて塗装する表面塗装ということです。
木造建築住宅の場合には、地震によって揺れが発生するわけですが、その揺れによってポリマー塗装はヒビワレを起こす可能性が極めて高い事になります。
下地処理というのは、どのように強度を持たせたとしても、地震の揺れに対しては弱くなってしまうものです。
免震機能の場合には被害は少なくて済みますか、通常の耐震機能の場合には、地震で揺れるたびにポリマー塗装にはダメージが加わっていくのです。
外壁塗装は、下地処理と表面塗装の二面性があることを正しく認識する事が大切です。
つまり外壁塗装は、ポリマーの保証期間の数字を過信せずに、地震や台風による揺れによってヒビワレしていく要素があるのだと覚えておきましょう。

Pocket

あなたの街の外壁塗装
相場価格は今いくら?























  • 1






  • 2






  • 3






  • 4






  • 5



    いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。


    ※SMSにて正しい価格相場を送信しています。入力後1秒でお手元に届きますので正しくご入力ください





  • 6



    ご入力は任意ですが、全国相場の控え業界裏事情満載の小冊子今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をオススメします。


    ※SMSが届かない場合、メールにて診断結果をお送りしております。念のためご入力ください。






完全無料次へ

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(※3/30日まで)




外壁の相談窓口では、システムの関係上、一日のご利用人数を制限しています。ご自宅近辺の外壁塗装の適正価格を知りたくてお困りの方は、お早めに相場チェックをしてみて下さい。(本日は残り6名様まで)
親切・丁寧にご対応いたします
無料で一括見積り!


その他の人気の記事