プロが答えるよくある質問

外壁塗装で弾性リシンをうまく使って美観を保護する。

Pocket

外壁塗装でリシン壁の外壁を用いるところがあります。
安く仕上げることができるのでリシンはよく用いられるのですが、ほかの塗装よりも耐久性の面で弱いところがあります。

ただ、モルタル塗りの外壁塗装の中では最も安価な塗装のひとつですので安く仕上げるのは最適です。
しかし、最近では弾性リシンを用いて耐久面の弱さを克服するケースもあります。

特徴としては耐候性に優れている点、建物の美観を保護する点にあります。
また、下地ヘアークラックへの追従性があるので、雨水の浸入を防ぐ点もメリットといえます。
さらにアルカリ性に優れているのも特徴です。

 

ただ、汚れは目立たないもののやはり汚れがつきやすい点やカビなども発生しやすいというデメリットもあります。
しかし、デメリットといっても水洗いのブラシで汚れは十分に落とせますし、高圧洗浄をしようするのも可能ですから、カビや泥などが付着してもご自身で清掃することができるのはいいと思います。
リシン吹き付けなら尾汚れも落ちやすいのでよいかと思います。

 

外壁塗装をされる場合にこれらの欠点をきにしないという方は弾性リシンを使用するといいでしょう。
現にリシンを用いた住宅はたくさんあるので、参考資料としてはいくらでもありますし、弾性リシンを用いた見本もあるのでご自分の目で確かめることもできます。また、外壁塗装する際、弾性リシンの色も自由にできる点は大きいのではないでしょうか。

メリットを十分に生かすとお住まいの美観を保護するよい外壁になります。

Pocket

その他の人気の記事